ふるさと納税のニコニコエール品とは?いつまでもらえるか・取り組みの詳細も解説

更新:

ふるさとチョイスを使っているときに、ニコニコエール品という言葉を目にした人もいるでしょう。ニコニコエール品とは、コロナ禍で影響を受けた事業者・生産者団体を応援するための取り組みです。

ここでは、ニコニコエール品とは何か、いつまでもらえるかなどを解説します。ニコニコエール品のように、自治体や地域を応援できる取り組みも紹介するので参考にしてください。

記事の目次

ニコニコエール品とは?

「ふるさとチョイス」が提供するニコニコエール品には、農林水産省が関わる取り組みです。コロナウイルス感染症により売上が低迷した事業者・生産者団体を救済するため、農林水産省は補助金を創設しました。

ニコニコエール品に寄附をすると、もらえる返礼品の量が多い、物量が同じでも寄附金が少なくて済むといった恩恵を得られます。ニコニコエール品を通じて世間に特産品の魅力が伝わると、新たな販路・流通経路の開拓につながる可能性があります。

ニコニコエール品はいつまでもらえる?

自治体や地域、寄附をする人の両方にとってメリットが大きいニコニコエール品ですが、2022年12月時点ではすでに取り組みが終了しています。

ふるさとチョイスにてニコニコエール品プロジェクトが開催されていた時期は、2020年7月22日~2021年1月31日です。翌2022年には「ニコニコエール品 寅」が始まりましたが、こちらも現在はすでに終了しています。

なお、ニコニコエール品プロジェクト・ニコニコエール品 寅のいずれも、農林水産省の「国産農林水産物等販路新規開拓緊急対策事業」を活用していました。国産農林水産物等販路新規開拓緊急対策事業の目的は、以下の2つです。

  • 農業・農村の重要性や持続性を国民に伝えるため
  • 需要減少の影響を受けている、農林漁業者等の新規販路開拓のため

事業では、政府が民間団体に定額補助を交付し、民間団体から学校・ECサイト・地域・飲食店などに補助金が分配されました。補助金の用途には、ふるさと納税の返礼品調達も含まれています。

※参考:令和3年度補正予算「国産農林水産物等販路新規開拓緊急対策事業」について 農林水産省

ふるさとチョイスが実施する災害者支援の取り組み

上述したように、ニコニコエール品・ニコニコエール品 寅は終了しました。しかし、ふるさとチョイスの独自サービスには「ふるさとチョイス災害支援」があります。自治体や地域を応援したい気持ちのある人は、ふるさとチョイス災害支援を検討するとよいでしょう。

ふるさとチョイス災害支援は、被災した地域の自治体を応援するプロジェクトです。ふるさとチョイス災害支援で集められた寄附金は、被災した自治体に直接届けられ復興活動に役立てられます。なお、災害支援プロジェクトを通じた寄附については、返礼品はありません。

ふるさとチョイス災害支援では、2022年12月現在100件を超える自治体や地域が支援金を受付中です。サイトでは、被災地の状況をはじめとして、これまでの寄附金額・寄附件数などが公開されています。寄附後の被災地の復興状況も随時報告されるため、寄附をした被災地を見守り続けられるでしょう。

※参考:ふるさと納税で復興支援・寄附|ふるさとチョイス災害支援

ニコニコエール品に類似!楽天ふるさと納税・さとふるのプロジェクトとは?

2022年12月時点では終了していますが、「さとふる」や「楽天ふるさと納税」でも、ニコニコエール品に近いプロジェクトが行われていました。名称こそ違いますが、いずれのプロジェクトも、コロナ禍で売上が低迷した事業者・生産者団体の救済が目的でした。

楽天ふるさと納税の取り組み

楽天ふるさと納税では「元気いただきますプロジェクト」が開催されていました。元気いただきますプロジェクトは2020年9月28日から開催されましたが、2022年12月時点ですでに終了しています。プロジェクトの目的は国産食材の販売促進であり、返礼品に対して送料の補助がなされました。

※参考:【楽天市場】元気いただきます! あなたのひとくちが、ニッポンを元気にする。

さとふるの取り組み

2022年12月時点ですでに終了していますが、さとふるでは「おいしく地域応援プロジェクト」が開催されていました。

プロジェクトでは、申請が認められた自治体・事業者が農林水産省の補助の対象となりました。さとふるは自治体や事業者の申請業務をサポートしました。さとふるのサポートを得られると、自治体や事業者は本業に集中可能です。また、寄附をする人としても、補助対象の品目をお得に入手できるというメリットがあります。

※参考:おいしく地域応援プロジェクト | ふるさと納税サイト「さとふる」

まとめ

ふるさとチョイスでは、かつてニコニコエール品プロジェクトが開催されていました。ニコニコエール品の目的は、コロナ禍により売上が低迷した自治体・事業者の救済です。

2022年12月時点で、ニコニコエール品はすでに終了しています。似たようなプロジェクトが楽天ふるさと納税・さとふるで開催されていましたが、そちらも現時点では終了しています。

ふるさと納税を通じて日本の各地域を応援したい人は、ふるさとチョイス災害支援を検討してみてはいかがでしょう。ふるさとチョイス災害支援は、ふるさとチョイスが実施する災害者支援の取り組みです。寄附を通じて、被災した自治体の復興をサポートできます。

関連記事

【2022年】ふるさと納税はいつまでに申し込めばOK?ワンストップ特例制度も解説
更新日:
泉佐野市のふるさと納税がすごい!人気の理由や過去の裁判についても解説
更新日:
ふるさと納税で使う源泉徴収票の見方は?手元にない場合の対策も
更新日:
ふるさと納税におすすめの時期は?季節ごとの旬の返礼品やキャンペーンの時期に注目
更新日:
ふるさと納税の年末調整は必要?正しい手続き方法を解説
更新日:
ふるさと納税の手続き方法を徹底解説!ワンストップ特例制度とは?
更新日:
ふるさと納税はお得?お得なサイトや返礼品・利用のコツを紹介
更新日:
ふるさと納税で所得税が還付される!控除される時期や控除の流れを解説
更新日: