ふるさと納税でAmazonギフト券がもらえる!?獲得方法を解説!

公開:2021/12/29更新:2022/04/20

「ふるさと納税でAmazonギフト券がもらえるって本当?」
「どうすれば、ふるさと納税でAmazonギフト券がもらえるの?」

ふるさと納税の寄付で、Amazonギフト券をもらえる場合があることをご存知でしょうか?
返礼品に加えてAmazonギフト券ももらえるとあれば、Amazonユーザーの人はかなりうれしいですよね!

この記事では、Amazonギフト券がもらえるふるさと納税サイトの紹介や、獲得方法などを詳しく解説します。
ふるさと納税でより得をする方法が知りたい人にも、ぜひ見ていただきたい内容です。

記事の目次

Amazonギフト券がもらえる3つの納税サイト

Amazonギフト券は、Amazon内のショッピングに使える商品券です。有効期限が10年と長いため、期限を気にせずに利用しやすいと人気があります。

以下のサイトでは、ふるさと納税をすることでAmazonギフト券(コード)がもらえます。

<Amazonギフト券がもらえるふるさと納税サイト>

各ふるさと納税サイトでの、Amazonギフト券の獲得方法を詳しく解説していきましょう。

ふるなびでのAmazonギフト券獲得方法

クラウドファンディング

ふるなびでAmazonギフト券を手に入れるには、会員登録をして寄付を申し込むことが条件です。以下の手順でAmazonギフト券を獲得できます。

<ふるなびのAmazonギフト券獲得手順>

  • 会員登録をする
  • ふるさと納税をする
  • ふるなびコインの付与
  • ふるなびコインをAmazonギフト券に交換

ふるなびに会員登録をしてふるさと納税を申し込むと、ふるなびコインが付与されます。付与されたふるなびコインは、Amazonギフト券に交換することが可能です。ふるなびコインについて、簡単にご紹介しましょう。

寄付でもらえるふるなびコイン

ふるなびで寄付をすると、返礼品に加えて、寄付金額1%相当のふるなびコインがもらえます。

<ふるなびコインの付与>

  ふるなび ふるなびクラウド ファンディング
寄付金額
30,000円
付与率 0.01 0.02
付与コイン 300コイン 600コイン

例えば、3万円のふるさと納税をすると、寄付金額の1%分にあたる300円分のふるなびコインが付与されます。また、ふるなびクラウドファンディングでは、寄付金額の2%相当のふるなびコインがもらえます。

ふるなびコインをAmazonギフト券に交換

ふるなびコインは、Amazonギフト券(コード)に交換できます。通常の還元レートは1コイン=1円の換算です。1コインからAmazonギフト券に交換できます(上限は500,000コイン)。

定期的にコインの付与率増量キャンペーンが行われ、2022年4月現在、 返礼品のレビューを投稿すると、最大で200コインがもらえるキャンペーンを実施中です。レビューキャンペーンは、自動エントリーとなります。

他にも、ふるなびコインが最大11%もらえる 春の特×特キャンペーン、ふるなびコインが最大+ 9%になる 春のデビューキャンペーンが開催しています。2つのキャンペーンに事前エントリーして寄付することで、 最大20%分のふるなびコインがもらえます

Amazonギフト券への交換額を上げるには、ふるなびコインの付与率が上がるタイミングでの寄付が狙い目です。

レビュー投稿キャンペーンは自動エントリーとなりますが、その他のキャンペーンについては、基本的に事前エントリーが必要です。必ずキャンペーンの詳細ページを確認の上、申込みしましょう。

まだある!ふるなびコインの交換先

ふるなびコインはAmazonギフト券以外に、PayPayやdポイントなどにも交換できます。2022年春~夏頃には楽天ポイントも追加されるなど、今後もさまざまな交換先が増える予定です。

<ふるなびコインの交換先>

  • Amazonギフト券(コード
  • PayPay残高
  • dポイント
  • 楽天ポイント ※2022年春〜夏追加予定

ふるさと本舗でのAmazonギフト券獲得方法

おすすめ返礼品

ふるさと本舗でAmazonギフト券を手に入れるには、キャンペーンコードを入力してエントリーし、キャンペーンに参加して、ふるさと納税をすることが条件になります。ふるさと本舗に会員登録をし、寄付を申し込む際にキャンペーンコードを入力するというのが基本的な方法です。

キャンペーンの種類によって、エントリーが必要なものと自動エントリーになるものがあります。キャンペーンごとの詳細ページを必ずご確認ください。

<ふるさと本舗のAmazonギフト券獲得手順>

  • 会員登録をする
  • 寄付を申し込む
  • キャンペーンコードを入力

ふるさと本舗では、定期的にさまざまなキャンペーンが行われています。2022年4月現在、新規会員登録とメルマガ登録で抽選100名に500円分のAmazonギフト券が当たる「新規会員登録キャンペーン」を開催中です。また過去には、15,000円以上の寄付で寄付金額6%分のAmazonギフト券を獲得できるキャンペーンがありました。

少しでも多くのAmazonギフト券を入手するには、キャンペーン情報をこまめにチェックしましょう。

ふるさとプレミアムでのAmazonギフト券獲得方法

ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアムでAmazonギフト券を手に入れるには、ふるさと本舗と同様に、キャンペーンに参加してふるさと納税をすることが条件です。

<ふるさとプレミアムのAmazonギフト券獲得手順>

  • 会員登録をする
  • 寄付を申し込む
  • キャンペーンコードを入力

ふるさとプレミアムに会員登録をして、ふるさと納税を申込み、キャンペーンコードを入力するとエントリーができます。自動エントリーではありませんので、必ずキャンペーンコードを忘れずに入力しましょう。

また、キャンペーンへの参加条件には、決済方法がクレジットカードのみに限定されているので注意しましょう。

ふるさとプレミアムでは、寄付金額の2〜10%ほどのAmazonギフト券コードがもらえる「Amazonギフト券コードプレゼントキャンペーン」が、ほぼ毎月開催されています。2022年4月現在は、最大10%のAmazonギフト券コードが貰えるキャンペーンが開催されています。

開催されていない時期もありますので、サイトのキャンペーン情報をしっかり確認して申し込みをしましょう。

2022年4月現在、高還元率のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンはない

かつて、大阪府泉佐野市をはじめとするいくつかの自治体が、最大で寄付金額の40%を超えるAmazonギフト券を付与するキャンペーンを行っていました。

しかし、2019年に改正地方税法が施行され、定められた基準を満たさないとして、以降は寄付金額の40%を超えるような、高還元率でのキャンペーンは開催されていません

楽天ユーザーなら楽天ふるさと納税がおすすめ

楽天ユーザーであれば、ポイント還元率が高くてお得な、楽天ふるさと納税の利用がおすすめです。キャンペーンやポイントアッププログラムを掛け合わせることで、最大30%のポイント還元を狙えます。楽天に登録済みの会員情報で寄付ができるので、申し込みも手軽です。

ふるなびでは、2022年春~夏頃に楽天ポイントへの還元も始まる予定です。しかし、ポイントアッププログラムなどを考慮すると、楽天ユーザーは楽天ふるさと納税での寄付が最もお得といえるでしょう。

楽天ふるさと納税解説記事

関連記事
楽天ふるさと納税のメリット、デメリットを紹介!ポイント還元で超お得!

Amazon Payを使ってふるさと納税

Amazon Payは、Amazonユーザー向けに提供されている決済サービスです。Amazonアカウントに登録している住所やクレジットカードの情報を使用して、Amazon以外のサイトでも買い物ができます。ふるさと納税の決済にも、Amazon Payを選べるサイトがあることをご存知でしょうか。

Amazon Payを使うメリットは?

Amazon Payを使うメリットとしては、大きく2つあります。

<Amazon Payの使用メリット>

  • Amazonユーザーは決済が簡単
  • Amazonギフト券でふるさと納税ができる

次で、メリットについて詳しく見ていきましょう。

Amazonユーザーは決済が簡単

Amazonユーザーは、Amazonアカウントにログインするだけで決済ができます。登録済みのクレジットカードを使えるので、新たにカード情報を登録する必要がありません。そのため、手元にクレジットカードがなくても決済が可能です。

Amazonギフト券でふるさと納税ができる

Amazon Payでの支払い時に、Amazonギフト券を使うこともできます。Amazonギフト券を使って決済すると、支払い金額の0.5%がAmazonギフト券として還元されてお得です。

有効期限が長いことが魅力のAmazonギフト券ですが、欲しいものがなくて持て余しているという人は、ふるさと納税に使ってみるのもよいのではないでしょうか。

自治体によっては、Amazon Payに対応していないこともあるので、寄付の際は事前に確認しておきましょう。

Amazon Payの利用方法

ふるなびのサイトを参考に、Amazon Payでの決済フローを確認してみましょう。

<Amazon Payでの支払い手順>

  • 決済画面でAmazon Payを選択
  • Amazonにログインして内容を確かめる
  • 「この支払い方法」(Amazon Pay)を選択
  • 支払い完了

Amazon Payでの決済はとても簡単です。決済画面でAmazon Payを選択し、Amazonのアカウントにログインして支払いを完了するだけ。クレジットカード情報の入力が不要なため、素早く決済できます。

Amazon Payが利用できるサイト

ふるさと納税の決済時に、Amazon Payを利用できるのは以下のサイトです。

<Amazon Payが利用できるサイト>

Amazonギフト券の還元キャンペーンを開催するふるさと納税サイトでも、Amazon Payの決済に対応していない場合があるので注意しましょう。

Amazonギフト券、Amazon PayのQ&A

Amazonギフト券の獲得方法や、Amazon Payの決済についての疑問をまとめました。ふるさと納税の申し込み前に、ぜひチェックしてみてください。

Amazonギフト券はいつもらえる?

各ふるさと納税サイトによって異なりますが、寄付月の翌々月や、キャンペーン終了の翌月に付与されることが多いです。Amazonギフト券(コード)は、メールで送られてくるか、サイト内のマイページにコードが届きます。詳細はキャンペーンページをチェックしてみてください。

Amazonギフト券はふるさと納税に利用できる?

Amazon Payでの決済が可能な、ふるなび、ふるさとプレミアム、ふるさとチョイスでAmazonギフト券が利用できます。Amazon Payの決済画面で、Amazonギフト券のコードを入力すればOKです。

Amazon Payでの決済後にキャンセルはできる?

Amazon Payでの決済が完了すると、キャンセルは一切できません。申込内容をきちんと確認したうえで、決済画面に進みましょう。

まとめ

ふるさと納税サイト独自のキャンペーンなどで、寄付額に応じたAmazonギフト券をもらえることがわかりました。Amazonユーザーには、Amazonギフト券がもらえるふるさと納税サイトの利用がお得です。また、Amazonアカウントのログインだけで決済できる、Amazon Pay対応のサイトは非常に使いやすく魅力的です。

どのサイトで寄付をするか迷ったときは、開催中のキャンペーンを比較して選んでみましょう。より高還元率でAmazonギフト券をもらうなら、キャンペーンの情報をこまめにチェックして、お得にふるさと納税をしましょう!

関連記事

ふるさと納税で住民税は安くなる?税金控除の仕組みと注意点を解説
更新日:2021年12月28日
ふるさと納税のデメリットとは?個人事業主や会社員など場合別に解説
更新日:2021年12月01日
ふるさと納税のワンストップ申請を忘れた場合は確定申告すればOK!
更新日:2022年03月09日
ふるさと納税をするならクレジットカードが便利!おすすめのカード3選も紹介
更新日:2021年05月27日
ふるさと納税の「自己負担2,000円」の仕組み|具体的な方法も紹介
更新日:2021年06月15日
ふるさと納税の手続き方法を徹底解説!ワンストップ特例制度とは?
更新日:2021年12月01日
【ふるさと納税】ワンストップ特例制度とは?制度の内容と申請の流れ
更新日:2021年05月25日
【2022年】ふるさと納税はいつまでに申し込めばOK?ワンストップ特例制度も解説
更新日:2022年03月04日
ふるさと納税で使う源泉徴収票の見方は?手元にない場合の対策も
更新日:2021年12月01日
ふるさと納税の目的とは?寄付する自治体の選び方や好事例も紹介!
更新日:2021年10月29日
ふるさと納税後に引っ越した場合の手続き|4つのケース別に解説
更新日:2021年05月27日
ふるさと納税とは?メリットや申し込み方法をわかりやすく解説
更新日:2021年11月24日
ふるさと納税で所得税は戻る!上限金額の計算、控除の流れを解説
更新日:2021年12月01日
ふるさと納税の確定申告の方法は?e-Taxやスマホでの申告手順を解説
更新日:2021年12月28日
公務員でもふるさと納税は可能?公務員ならではの注意点やメリットを解説!
更新日:2022年03月16日
【個人事業主向け】ふるさと納税するメリットや手続きの注意点
更新日:2021年05月27日
ふるさと納税の年末調整は必要?正しい手続き方法を解説
更新日:2021年11月02日
ふるさと納税はお得?お得なサイトや返礼品・利用のコツを紹介
更新日:2021年10月29日
ふるさと納税と住宅ローン控除の併用は可能?注意すべき点は?
更新日:2021年05月27日